香典や法事、法要のマナー

 香典の書き方、香典返信、香典相場から法事や法要のマナーをわかり易くご紹介します。

 

2008年09月27日

葬儀・告別式の参列が遅くなる場合【香典や法事、法要のマナー】

葬儀告別式の参列が遅くなる場合【香典や法事、法要のマナー】

遅くなるようなら、葬儀・告別式の参列は、後日改めて弔問にいきます。

葬儀・告別式は約1時間くらいなので、その間は自由に告別できますが、あまりぎりぎりに行くのもマナー違反です。

 参列するのであれば、開始から30分ぐらいの間にしましょう。

 どうしても、終了間際になるようであれば、日を改めて後日、弔問しましょう。


posted by ケンケン at 15:49| 葬儀と告別式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

香典返しの表書きと包み【香典や法事、法要のマナー】

香典返し表書きと包み【香典や法事、法要のマナー】

半紙や奉納紙に品物を包み、弔事用の白黒の水引をかけるか、市販のものを使うと良いでしょう。

上段に「忌明志」か「志」と香典返しの表書きには書き、送り主の姓名を下段に書きます。

表書きや包装もデパートなどで頼むと、すべて整えて発送してくれるので手間がかからなくていいですよ。
posted by ケンケン at 15:47| 香典返し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

葬儀前後の手伝い【香典や法事、法要のマナー】

葬儀前後の手伝い【香典や法事、法要のマナー

世話役や遺族の指示で、葬儀前後の手伝いを行います。

不幸を知らされたら、、自分のできる範囲で仕事を引き受けるように世話役や遺族に手伝いを申し入れます。

隣近所で親しい間柄なら、台所仕事や片付けなどをするといいですね。

会葬者の記帳や香典を受け取る受付などを、職場関係の方がするのもいいです。

あまり出すぎたことは迷惑になりかねないので、人手が足りているようであれば、世話役や遺族の指示を仰ぎます。

決して、自分の考えだけで行動するのはマナー違反です。
posted by ケンケン at 17:43| 香典マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

供物、供花【香典や法事、法要のマナー】

葬儀・告別式での供物、供花【香典や法事、法要のマナー】

葬儀・告別式の供物供花は遺族や世話人に渡します。

自分で、供物や供花は供えませんよ。

不祝儀の熨斗紙を供物・供花にかけ、氏名を記します。

生花や果物は、名刺や名札をつけ黒いリボンをかけます。

また、並べる時間を考慮しましょう。

供物・供花を届ける場合には、葬儀・告別式のはじまる30分前には届けるようにします。

また、供えるときには遺族や世話人に渡し、自分で祭壇には持ち込みません。
posted by ケンケン at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀と告別式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

香典マナーについて【香典や法事、法要のマナー】

香典マナーについて【香典や法事、法要のマナー】

香典マナーとして、香典袋の水引は白と黒を使い、黒が右、白が左にくる様にます。

香典袋の上のほうで水引を開くのが香典マナーです。

最近では市販の香典袋を使用することが多いですが、正式には新しい半紙で中包みをし、奉書紙で上包みをします。

表書きを受付係りの正面に向けて香典袋をさし出します。

香典袋はむき出しのまま、バックやポケットに入れず、香典袋用のふくさ、風呂敷に包んで持参するのが香典マナーです。

受付で香典袋を渡す場合は、「ご霊前にお供えください」などとお悔やみを述べます。

霊前に供える場合、拝礼後、自分の正面に表書きがくるように台の上に置きます。
 
posted by ケンケン at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 香典マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

弔電の打ち方【香典や法事、法要のマナー】

弔電打ち方【香典や法事、法要のマナー】

弔電を打つ場合には、郵便局で申し込みます。

申込みの仕方は、郵便局の窓口か電話でできますよ。

弔電を打つ際には、宛名、発信者をわかるようにします。

宛名は、喪主です。

発信者の名前は、にフルネームで打ちましょう。

電話帳などには、文例が載っています。

弔電を打つ時は、既成の文を使うのもいいです。

既成の文に自分なりの言葉を付け加えるなどの工夫をして弔電を打つのもいいですね。
posted by ケンケン at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 弔電文例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

花輪を送るときなどのマナー【香典や法事、法要のマナー】

花輪を送るときなどのマナー【香典や法事、法要のマナー】

花輪を贈る際にもマナーに気を付けます。

喪家の了解を取ってから、花輪を贈るようにするのがマナーです。

届ける時期は、遅くとも、葬儀の数時間前には花輪が届くようにします。

花輪を飾るスペースの問題も考慮しなければなりません。

また、喪家の意向なども考慮し、花輪を届けるようにしましょう。

あらかじめ、先方の了解を取っておくのがマナーです。
posted by ケンケン at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 法事法要マナー香典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

香典のお札の向き【香典や法事、法要のマナー】

香典お札向き【香典や法事、法要のマナー】

香典はお札を入れる向きにも注意が必要です。

お札の向きにまで気を配る人は、かなりマナー上級者ですよ。

お金を香典袋に入れる時の香典お札向きは、香典袋を裏側から開けた場合にお札の裏側がくるようにお札をいれます。

新札を、香典に入れるお札としては使いません。

理由は、新札だと「あらかじめ準備していた」と思われるからです。

新札しか手元にない場合には適当に折り目を入れるとよいでしょう。

これも、香典のマナーのひとつです。 
posted by ケンケン at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 香典お札向き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

香典受付や記帳【香典や法事、法要のマナー】

香典受付や記帳【香典や法事、法要のマナー】

受付では二人以上ですることが多いですね。

それは、盗難防止のためです。

ほかにも、香典受付は何かと忙しないので二人以上にします。

香典受付は、一番最初に弔問客を迎える大切な役目です。

香典受付では、弔問客の名前と住所、香典の記帳を確認し記帳漏れ、記帳ミスのないように注意しましょう。

供物・供花、弔電を受付で受けた場合には、各係りへ連絡しましょう。

 
posted by ケンケン at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 香典受付記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

葬儀、法事、法要などでのマナー【香典や法事、法要のマナー】

法事法要、葬儀などでのマナー【香典や法事、法要のマナー】

法事法要は厳かに行うものです。 

 

法事法要、葬儀には、なるべく幼い子供は連れて行かないことです。

また、葬儀や告別式に行くときには、式場には遅れることがないようにしましょう。

 

決められた時間より、早めに到着することを心がけます。

大きな声で式場内で談笑したりするのはマナー違反です。

また、どうしても幼い子供は、いたずらや、騒ぎがちですのでなるべく連れて行きません。

やむをえない場合は、子供にはしっかりと言い聞かせ、周りに迷惑がかからないよう気を配りましょう。

posted by ケンケン at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 香典マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香典返しとは【香典や法事、法要のマナー】

香典返しとは【香典や法事、法要のマナー】
 
葬儀に際し、香典を頂いた返礼に物を贈ることを、香典返しといいます。

また、贈る物自体を香典返しといいます。

一般的に、三十五日や四十九日に行います。

香典返しの金額は、香典の金額の半分以下でよいとされています。

「半返し」といいます。

一般的に、忌明の挨拶状と共に贈ります。

「志」、「忌明」と、包み紙の表に記し、黒白の水引をかけます。

また、最近では香典返しの代わりに社会事業などに寄付する人も多いです。

この場合には、その旨を忌明挨拶状に書くのがマナーです。
posted by ケンケン at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 香典返し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

会葬礼状とお礼の品物【香典や法事、法要のマナー】

会葬礼状とお礼の品物【香典や法事、法要のマナー】

お礼の品物と会葬礼状は、受付か閉式後出口で渡します。

本来、葬儀の後に改めて会葬礼状を郵送するものです。

しかし、現在は簡略化されて会場係りが受付で手渡ししたりします。

また、出口で閉式後に渡されたりすることも多いです。

お清めの塩の小袋と共に会葬礼状が添えてあるのが一般的のようです。

菓子折りやお茶もしくは、白いハンカチなどを一緒に渡すことも多いようです。
posted by ケンケン at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 会葬礼状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

お墓参りですること【香典や法事、法要のマナー】

お墓参りですること【香典や法事法要のマナー】

墓所をお墓参りでは丹念に清めましょう。

まず最初に墓石と墓地の掃除をしてから、お墓参りをします。

墓所内の雑草をぬいたり、落ち葉を拾ったりしてお墓を清めます。


お参りの手順を紹介します。

@ 水を墓石の上からかけ、清めます。

A 花や水、故人の好物などをお墓に供えます。

B 束の線香に火をつけて、供えたら合掌します。
posted by ケンケン at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓参り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

中陰(中有)とは【香典や法事、法要のマナー】

中陰(中有)とは【香典や法事法要のマナー】

中陰(ちゅういん)、中有(ちゅうう)

仏教では、死者は再び生まれ変わるものと考えられています。

次の生を受けるまでのことを言います。

日本では、四十九日の間といわれていて、その間7日ごとに読経して、次の世の幸せを願うようになっています。

初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(四十九日)の7日目ごとの法事が、中陰までの行事です。

特に七七日(四十九日)は、満中陰ともいい、法要のあと忌明けの宴を催すのが普通です。

これを「精進落とし」、「精進上げ」といい、魚肉の禁がとけます。

そのあと、百か日の法要になります。
posted by ケンケン at 17:09| 法事、法要死者の供養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

法事、法要で供養する【香典や法事、法要のマナー】

法事、法要で供養する【香典や法事、法要のマナー】

時が経つと、悲しみは薄れていくものですね。

でも、故人の事を忘れてはならないと思います。

法事、法要は、故人を忘れないための儀式ともいえるのではないでしょうか。

もともとは、亡くなった人の、その霊魂を供養する仏事を法事、法要と言います。

法事法要は、いろいろな段階でとりおこなわれます。

まづ、死後の初七日があります。

その次は、三十三年忌と続いて行きます。

そのあとは、いろいろな段階で法事法要がおこなわれます。 
posted by ケンケン at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 法事、法要死者の供養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

抹香の焼香の仕方【香典や法事、法要のマナー】

抹香の仕方【香典や法事、法要のマナー】

抹香の焼香は、目の高さに抹香をささげてくべます。

抹香の場合も線香の場合も、遺族と僧侶に一礼を焼香する前と、焼香が終わってからするのが基本です。

焼香には、立礼と座礼があります。

立礼は立ったままで焼香します。

座礼は座布団に座って焼香します。

どちらも焼香の仕方は一緒です。

@ 仏前で深く一礼し、親指、人差し指、中指で香をつまみます。

A つまんだ香を目の高さまでささげ、軽く頭を下げます。

B 炉に香を少しずつくべます。

C 数珠を両手にかけ、合掌して礼拝します。
posted by ケンケン at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 抹香焼香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

香典金額【香典や法事、法要のマナー】

香典金額【香典や法事、法要のマナー】

周囲の人の意見を参考にして香典金額を検討します。

香典金額は、故人との交際程度や自分の社会的地位や経済力に応じた金額が妥当です。

一般的には、故人が家主や主婦なら金額は多めにして一方、年寄りや子供なら少なめにします。

また、香典の金額の目安は、自分の家で不幸があったときに頂いた時の金額を参考にするといいです。

多すぎても少なすぎても失礼になる香典金額は、周囲の人の意見を参考にするのも大切です。
posted by ケンケン at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 香典金額 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

香典に書く漢数字【香典や法事、法要のマナー】

香典に書く漢数字【香典や法事、法要のマナー】

香典には漢数字で金額を書きます。

金額を漢数字で中包みの表の中央に縦書きで書きます。

郵便番号、住所、名前をフルネームで中包みの裏の左下に書きます。

香典の金額を漢数字で書く場合の参考にどうぞ。

円 → 圓

金 → 金

也 → 也

100 → 百

千 → 阡

万 → 萬

1  → 壱

2  → 弐

3  → 参

4  → 四

5  → 五

6  → 六

7  → 七

8  → 八

9  → 九

10 → 十、拾
posted by ケンケン at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 香典漢数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

仏壇の礼拝【香典や法事、法要のマナー】

仏壇の礼拝【香典や法事、法要のマナー】

宗派によって仏壇の礼拝が、異なることがあります。

宗派によって仏壇の礼拝の仕方が違いますが、宗派の分からない時には、次のようにすると良いでしょう。

@ 正座を仏壇の前でし、一礼を遺影、位牌の前でします。

A 仏壇にお供え物を供え、経机の横にかさばるものをおきます。

B 線香にローソクから火を移したら、香炉に供えます。

C 体は正面をむいたまま対座し、心を込めて合掌します。
posted by ケンケン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏壇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

葬儀・告別式での忌み言葉【香典や法事、法要のマナー】

葬儀告別式での忌み言葉【香典や法事、法要のマナー】

葬儀告別式でのお悔やみの言葉は忌み言葉を避けましょう。

お悔やみの言葉を述べるときは悲しみに沈む遺族に対して、細心の注意を払います。

「返す返す」「重ね重ね」「浮かばれない」「迷う」といった忌み言葉は避けて、心のこもった挨拶を心がけ、簡潔に弔意を述べましょう。

 
posted by ケンケン at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀と告別式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。