香典や法事、法要のマナー

 香典の書き方、香典返信、香典相場から法事や法要のマナーをわかり易くご紹介します。

 

カテゴリー:喪服

2012年08月28日

喪服【香典や法事、法要のマナー】

喪服【香典や法事、法要のマナー】

一般の会葬者の場合、葬儀・告別式の喪服は、遺族より格の低い喪服を着ます。

喪服は略式でかまいません。

略礼服かダークスーツに黒の靴下、ネクタイを男性の場合に選びます。

黒や紺のワンピースやスーツを女性の場合に選びます。

また、ボタンなども黒にも気をつけましょう。

光るもの、例えばアクセサリーやバックの金具などのにも気をつけましょう。

和服なら黒の喪服か、黒羽織を地味目の着物に着ます。

ただし、ごく親しい親戚、親近者、目上の人の葬儀・告別式なら正式な喪服を着たほうが無難でしょうね。


posted by ケンケン at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 喪服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

喪服について【香典や法事、法要のマナー】

喪服について【香典や法事、法要のマナー】

葬儀・告別式には正式喪服を着用します。

喪主や近親者は、原則として正式喪服を着用します。

男性の場合であれば、モーニングで黒いズボンが無難です。

フロックコートで黒かグレーの縞のズボンの方が良いでしょう。

ブラックスーツであれば、若い男性にふさわしいです。

靴下やネクタイなどもすべて黒にし、喪章を付けます。

女性の場合、和服の喪服であれば、黒無地五つ紋付に黒帯です。

黒で、長襦袢、半襟、足袋以外を統一します。

黒で光沢のないハンドバックや草履で統一します。

一方、洋服にする場合は、長袖の黒無地のスーツ、ワンピース、アンサンブルを、喪服として着用します。

原則として、結婚指輪以外の宝石や貴金属類は身に付けないようにします。

例外として、真珠や黒曜石ならよいでしょう。
posted by ケンケン at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 喪服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。