香典や法事、法要のマナー

 香典の書き方、香典返信、香典相場から法事や法要のマナーをわかり易くご紹介します。

 

2008年04月20日

抹香の焼香の仕方【香典や法事、法要のマナー】

抹香の仕方【香典や法事、法要のマナー】

抹香の焼香は、目の高さに抹香をささげてくべます。

抹香の場合も線香の場合も、遺族と僧侶に一礼を焼香する前と、焼香が終わってからするのが基本です。

焼香には、立礼と座礼があります。

立礼は立ったままで焼香します。

座礼は座布団に座って焼香します。

どちらも焼香の仕方は一緒です。

@ 仏前で深く一礼し、親指、人差し指、中指で香をつまみます。

A つまんだ香を目の高さまでささげ、軽く頭を下げます。

B 炉に香を少しずつくべます。

C 数珠を両手にかけ、合掌して礼拝します。


posted by ケンケン at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 抹香焼香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。