香典や法事、法要のマナー

 香典の書き方、香典返信、香典相場から法事や法要のマナーをわかり易くご紹介します。

 

2008年11月13日

葬儀・告別式でのお悔やみの言葉【香典や法事、法要のマナー】

葬儀告別式でのお悔やみの言葉【香典や法事、法要のマナー】

お悔やみの言葉は、葬儀告別式での忌み言葉を避けましょう。

お悔やみの言葉の例

「この度はご愁傷さまでございます。心からお悔やみ申し上げます。」

「突然のことで、さぞかしお悲しみのこととお察しいたします。」

「心からお悔やみ申し上げます。お力落としのないよう、お体にお気を付けください。」

お悔やみの言葉を、悲しみに沈む遺族に対して述べるときは、細心の注意を払います。

「返す返す」「重ね重ね」「浮かばれない」「迷う」といった忌み言葉は避けて、心のこもった挨拶を心がけ、簡潔に弔意を述べましょう。


posted by ケンケン at 16:08| 葬儀と告別式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。