香典や法事、法要のマナー

 香典の書き方、香典返信、香典相場から法事や法要のマナーをわかり易くご紹介します。

 

2007年12月01日

弔電文例(社葬・団体編)【香典や法事、法要のマナー】

弔電文例(社葬・団体編)【香典や法事、法要のマナー】

一般的な弔電文例です。

■ ○○部長様のご霊前に、深く哀悼の意を表します。

■ 貴社専務の○○氏、ご急逝の知らせを受け、心より哀悼の意を表します。

■ 貴社の○○様のご永眠に接し、深く哀悼の意を表します。

■ ご逝去を悼み、故人のご功績をたたえ、心からお悔やみ申しあげます。

■ 会長様ご天寿を全うされました由、謹んで哀悼の意を表します。

■ ○○様の不慮のご逝去の報に接し、貴社ご一同に心からお悔やみ申しあげます。

■ 御社○○重役様のご生前の功績をしのび、当社 幹部一同、心からご冥福をお祈り申しあげます。

■ 突然のご逝去に接し、職場の一同、まことに驚愕、くやしさで言葉もありません。深く哀悼の意を表わします。

■ 御社社長の片腕として、永年ご活躍されてきた専務○○氏、突然のご永眠、言葉もございません、遥かに、哀悼の意を表します。

■ かねてご病気、ご療養中とは伺っておりましたが、このたびの○○社長のご逝去の報に、心からお悔み申しあげます。

■ ○○翁の突然の訃報に、家内ともども深く悲しん でおります、このくやしさを仕事にぶつけ精進いたす所存です。

■ 天寿を全うされました○○会長の、在りし日を偲びつつ、ご冥福をお祈り申しあげます。

■ 貴社○○氏の、ご逝去のご通知をいただき、心からお悔やみ申しあげます。

■ 御社社長のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。

■ 在りし日のすばらしい部長を偲び、はるかにご冥福をお祈り申しあげます。

NTT弔電文例「おくやみ電報」より抜粋


posted by ケンケン at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 弔電文例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。