香典や法事、法要のマナー

 香典の書き方、香典返信、香典相場から法事や法要のマナーをわかり易くご紹介します。

 

2007年11月17日

弔電文例(弔問欠席編)【香典や法事、法要のマナー】

弔電文例(弔問欠席編)【香典や法事、法要のマナー】

一般的な弔電文例です

[7609] 悲しいお知らせに呆然としております。お別れにも伺えず、残念でなりません。心からご冥福をお祈りいたします。

[7610] お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をおわびし、謹んで哀悼の意を表します。

[7611] ご生前のご厚情を思えば、お見送りをしなければなりませんのに、健康を害し伺えず申し訳ございません。故人のご冥福を祈って手を合わせております。

NTT弔電文例「おくやみ電報」より抜粋


posted by ケンケン at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 弔電文例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。