香典や法事、法要のマナー

 香典の書き方、香典返信、香典相場から法事や法要のマナーをわかり易くご紹介します。

 

2012年01月06日

香典返し(仏式と神式)【香典や法事、法要のマナー】

香典返し(仏式と神式)【香典や法事、法要のマナー】

香典返しは一般的に、仏式の場合、忌明けにします。

仏式では忌明けは四十九日(宗派によっては三十五日)です。

忌明けを納骨を済ませた日とすることもあります。

香典返しの挨拶状には、葬儀の供物や香典のお礼を贈ります。

また、納骨を済ませた旨も書き添えて、香典返しと一緒に贈ります。

香典返しとは、本来仏教の言葉です。

一般的な習慣として、神式も仏教に準じて行うところが多いです。

神式の香典返しは、三十日祭、または五十日祭の忌明けの頃にします。

香典返しの表書きには、「志」などと書きます。


posted by ケンケン at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 香典返し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。