香典や法事、法要のマナー

 香典の書き方、香典返信、香典相場から法事や法要のマナーをわかり易くご紹介します。

 

2013年10月18日

法事法要の香典袋について【香典や法事、法要のマナー】

法事法要の香典袋のマナー【香典や法事、法要のマナー】

法事法要の香典袋のマナーとして、香典袋を差し出す時は、表書きを受付係りの正面に向けて出します。

香典袋はむき出しのまま、バックやポケットに入れず、香典袋用のふくさ、風呂敷に包んで持参します。

受付で香典袋を差し出すときには、「ご霊前にお供えください」などとお悔やみを述べます。

香典袋を霊前に供えるときには、拝礼を済ませた後、表書きが自分の正面にくるように台の上に置きます。

また、宗教によって香典袋の書き方が違います。

香典袋の上包みは、宗教によって違いますので間違わないように注意しましょう。

仏式    「御香典」「御香料」

神式    「御玉串料」「御榊料」「神饌料」「御供物料」

キリスト教 「お花料」「お花輪料」「ミサ料」

宗教宗派に関係なく使えるのが「御霊前」です。

法事法要の香典袋の表書きは薄墨で中央上段に書き、下段に贈った人の名前をフルネームで書き、上包みの裏か中包みには、住所、名前、金額を記入します。

ちなみに、市販の香典袋で、蓮の花の模様が入った香典袋は仏式以外には使えないですよ。


posted by ケンケン at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 香典袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。